定期的に人間ドックへ

嫁には迷惑かけたくないと思っている近所の田中さん。

田中さんは4年前に旦那さんを亡くしてからは一人で住んでいる。
一人息子はなかなか帰ってこないが、たまに息子の嫁が来ているのを見かける。

仲はよさそうな感じである。

しかし田中さんは娘ではないので、介護など頼むのは申し訳ないと思っているそうだ。

病気になって迷惑かけないように定期的に人間ドックに行っているそうだ。

早期発見できれば完治する可能性も高いので、嫁の負担も軽くなると考えているようだ。

やはり自分の娘なら気を遣わずにいられるが、嫁となると気を遣うのだろう。

赤の他人なので気を遣うのは当然である。

ちなみに人間ドックというのは結構お金がかかるようだ。

私も以前受けてみようと思い調べたことがある。

費用が高いので定期的に受けることはできないが、数年に一度は受けたいと思っている。

やはり健康でいられるのが一番だからだ。

健康でいられればあとは何とかなりそうな気がする。

レディースドックの受け方

カテゴリー: 未分類 | コメントする

大企業へ就職したにもかかわらず

お金がある人生とない人生では大きく違う。

知り合いは貧乏家庭で育ち、お金に執着があった。

少しでも収入がいいところへ就職するために奨学金で大学へ行った。

そして大学卒業後に大企業へ就職した。

他の企業よりも収入が良く満足した様子だった。

しかし半年後、働き過ぎて体調を崩してしまったのだ。

結局、退職することになりフリーターとして働いていた。

奨学金の返済もあるため、フリーターの収入だけでは生活できなかったようだ。

消費者金融に借金するようになった。

そんな生活を5年以上続けると借金も200万円を超えたそうだ。

再就職することもできずに、フリーターを転々としている。

返済が苦しくてご飯も満足に食べられないらしい。

最近は自己破産を考えているようだ。

自己破産して人生をリセットしたいらしい。

ただ、自己破産したとしても就職は難しいかもしれない。

老後もフリーター生活をしているかもしれないと考えるだけで不安になるそうだ。

自己破産で借金と人生はどうなるのか?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

男性不妊の原因

子供が欲しくてもできない夫婦がいる。

不妊の検査をしても原因がわからないこともあるようだ。

原因がわからなければ対策できない。

不妊は女性だけでなく、男性が原因になることもある。
男性の不妊の原因はストレスやアルコールも関係している。

社会に出れば付き合いでアルコールを飲むこともあるだろう。

それが毎日ということもある。

そして仕事をしていればストレスも当然ある。

他にも喫煙や肥満などが関係してくる。

たばこが値上がりしたことで禁煙している人も増えたが、まだまだ吸っている人も多いだろう。

それから肥満も問題である。

運動不足による肥満や高カロリー摂取による肥満など様々だ。

仕事のストレスから食べてしまい肥満になるケースもある。

このようなことも男性不妊の原因となるので、改善できるところはしたほうがいいかもしれない。

それからサプリメントもおすすめだ。

妊娠をサポートしてくれるサプリメントも販売されている。

是非試してみてほしい。

男性不妊の原因とおすすめサプリ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

不倫で話題になったあの人

去年、不倫騒動で話題になった斉藤由貴。

手をつないだ写真も支えてもらったとか言ってたっけ?
そんな彼女が1周回って知らない話に出演したらしい。

私は見ていないのでわからないが、記事を読んだ。

イメージアップに必死だったようだ。

やはり不倫のイメージは悪い。

人気があった芸能人でも不倫してイメージダウンした人も多々いる。

それだけ不倫は主婦層が許さないのだ。

番組では長女も出演して、いいお母さんというのがアピールされていたようだ。

不倫しているのに、いいお母さんというのは違和感がある。

本当に子供が母親の不倫を受け止めることができるのか。

もし私が子供だったら許せないと思う。

そういえば、不倫して干された芸能人もいたが戻ってきていないようだ。

正確には仕事しているのだろうけど、あまり見かけない。

昔のように活躍するのはやはり難しいことなのか。

仕事を失ってまで不倫するメリットはあるのだろうか。
それが愛というものか…。

もし不倫に悩んでいる大阪の主婦がいたら下記サイトは参考になる。

大阪のおすすめ探偵社

カテゴリー: 未分類 | コメントする

幸の薄い女性

職場の女性が探偵に依頼したという噂を聞いた。

それほど親しくないので、どういった内容の依頼をしたのかはわからない。

予想はたぶん不倫調査だ。

旦那が不倫しているのだろう。

その女性は幸が薄くて、こういっては何だが幸せそうに見えない。

苦労しているのが顔に出ている。

探偵に調査してもらって慰謝料もらうつもりなのか。

ほとんどの人は探偵を利用したことないので、料金設定などもわからない。

もちろん私も知らない。

探偵のホームページに掲載しているのだろうか。

探偵に依頼した女性は、お金を持っているとは思えない。

いつも安そうな服ばかり着ているからだ。

もちろんバッグもナイロン製の安そうなものだ。

探偵に依頼すると100万ぐらいかかるイメージだが、借金でもしたのだろうか。

もしかしたらそんなにかからないのか。

必死になって安い探偵者を見つけたのかもしれない。

今まで暗かった女性の表情が少しでも明るくなるように祈ろう。

いい方向へ進むことを願って。

ちなみに、今調べてみたらこんなサイトを見つけた。

低価格の探偵社一覧

カテゴリー: 未分類 | コメントする

不倫から結婚

不倫が原因で一時芸能界から姿を消した矢口真里。

あの時は夫の不在中に不倫相手を連れ込んで大問題になった。

たしかに夫不在中に男を連れ込むのは悪い。

これが逆でも同じだ。

夫婦のベッドで不倫相手と好意を楽しむなんて最低な奴だ。

色々な番組に引っ張りだこだった矢口真里も芸能界を休止することになった。

当然といえば当然だろう。

そして休止中の写真が週刊誌に掲載されたとき驚愕した。

激太りしていたからだ。

芸能人というのは見られているという意識が高いため、プロポーションを維持できるのかもしれない。

しかしテレビに出なくなったら体型管理もずぼらになるのだろう。

テレビ復帰する前には、体型を戻してきた。

さすがプロだ。

あれから数年。矢口真里と不倫相手の男は結婚したそうだ。

これを純愛というのか。

不倫から始まった恋愛だが、結婚したなら本気だったということだろう。

祝福されているのかはわからないが、本物の愛を見つけたのかもしれない。

今後、お互い不倫しないとは限らない。

前科があるからだ。

少しでも疑問に思ったら探偵社に依頼するのがいいだろう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

後遺障害等級について思う

この星では夥しい数の自動車が走行している。

当然、自動車同士が衝突したり、自動車が建物に突っ込んだり、人が自動車に轢かれる事故が頻繁に起きる。

人が一生のうちに一度も交通事故に遭わない可能性は35.8%だそうだ。

自分も軽微な事故を起こしたことはある。

ただ、深刻なケガをした人はこれまでの人生で遭った人でも数人であり、亡くなった人はいない。

後遺症事故、死亡事故に遭う確率は一生を通しても、おそらくそんなに高くないのだろう。

とはいえ、運が悪いと後遺障害が残ることもある。

そういう場合、当然損害賠償というものがあるが、右手を失った人と右足を失った人のどちらが高い賠償金を受け取るべきかという問題が発生する。

これは後遺障害等級というものを認定して、等級をもとに賠償額を計算することで解決しているそうだ。

思えばすごいシステムだ。

目が見えなくなる、手がなくなる、足が麻痺する・・・といった傷害はそれぞれ質的に違い、深刻度の順に並べろと言われてもなかなか難しい気がする。

配達人なら足がなくなれば仕事を失うが、画家にとっては失明は足が不自由になることよりつらいだろう。

そういう問題を乗り越えて、障害の種類に序列をつけた表が長年かけて完成されているのである。

精巧な機械を作り上げる技術もすごいが、こうした社会システムを作り上げるところも、人間はすごいなと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

女子が借金地獄にはまるパターン

この星の女子はしばしば債務地獄に陥る。

普通に働いていたのでは永久に返せないような負債を背負うこともある。

容姿が可愛ければ風俗という手もあるが、ブサイクな女子はどんな運命をたどるのだろうか?

想像するだに恐ろしい。

さて、彼女らはどのようにして借金地獄に堕ちるのか?

ホストクラブ通い、買い物依存症などはもちろんだが、そういうのは自業自得の感もある。

しかし、地味でまじめな女子でも借金が膨れ上がって返せなくなることが結構あるのだ。

それは自分と収入レベルの違う友達グループにつきあいすぎて、というパターンだ。

会社などでプチセレブなリーダー格に率いられた女の子のサークルがあって、仲間外れになるととてもつらい目に遭う。

地味で気の弱い女の子は無理をして一生懸命ついていく。

高いレストランでのランチや女子会、海外旅行なんかにも無理して付き合い、足りないお金は借りる。

そういうことを繰り返していくうちに借金は返済不能なレベルにまで膨らんでいく。

サークルのメンバーはこの子が無理をして苦しんでいるのを知っていて楽しんでいる。

じわじわ負荷をかけてどこまで耐えられるか、もてあそんでいるのだ。

本当は友達でもなんでもない。

このブログを読んでいて「自分のことかも?」と思い当たった人は、すぐにそんな連中と縁を切ってほしい。

そして生活再建の方法を探るのだ。

借金地獄からの復活は必ずできる。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

保険会社はむち打ち症を警戒

今日は交通事故損害賠償について書きたい。

保険会社は被害者の味方ではなく、常に保険金支払いの抑制を念頭に置いている。

後遺障害を負った場合、一目瞭然な障害なら認めて支払うしかない。

例えば手足がなくなっているような場合。

しかし、はっきりしない点がある場合はいろいろ難癖をつけてくる。

例えば高次脳機能障害。

CTやMRIの画像からはっきり損傷が読み取れない、損傷は事故前から存在した可能性がある、損傷は事故後に発生したものだが原因は加齢だ、損傷は確かにあるが症状と結びつかない、云々。

事故と被害の関係を薄めるいろいろな理由が考えられるが、そのすべてを使って攻めてくると思ったほうがいい。

もちろん、症状を大げさに申告して少しでも保険金を分捕ってやろうというけしからん輩もいるから、保険会社が一方的に悪なわけではない。

しかし、人間の体は複雑でしかも一人一人違うから、説明しがたい変わった症状が出る場合もあるし、それだってちゃんと補償してもらいたいと思うのは当然だ。

事例の数からいえば、この種の争いで一番多いのはむち打ちだ。

件数が多いのとインチキな請求も多いことで、保険会社はむち打ち症の損害請求には神経をとがらせている。

むち打ちなら後遺障害等級を軽くさせることはもちろん、等級認定を指せないのが一番保険金節約になる。

それに向けた策略のひとつが治療費打ち切りだ。

それによって患者が自己負担を嫌って治療を長く中断するよう誘導する。

治療の中断が長いと症状と事故の因果関係が認められなくなり、等級は取れなくなる。

こんな策略に引っかからず、症状があるなら自費でも治療を継続することだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

現代の結婚調査

この星には男と女がいて、昔は親や親戚を通じて相手を見つけ、結婚した。

時代が下がって、学校や職場で知り合った相手と自由恋愛の結果、結婚するようになった。

最近では出会い系などでほとんど何も知らない相手と結婚することも増えてきた。

結婚相手のことを調査するサービスは昔からあって、一時は廃れていく一方だったのが、最近はまた需要が高まっている。

何しろ、具体的な事をほとんど知らない相手と結婚するんだから、何も調べないのは危なすぎる。

相手が自分で言っている経歴や仕事は本当のことなのか?

親兄弟はまともな人なのか?

注意深く見ていたらおかしいところがいっぱいあるのに、調べずに結婚して地獄を見る人がたくさんいる。

しかし、結婚調査(=婚前調査、結婚身元調査)の方も今の時代の問題を解決するものになっていないことがままある。

時代は変わったのに調査の中身が古いままなのだ。

結婚調査をやるのはいいが、結婚調査の内容が問題だ。

何をどう調べるのか?

依頼する前に、それを徹底的にはっきりさせた方がいい。

事前の詰めが甘いと、違法に入手した戸籍謄本と雑な聞き込み結果を渡されて何百万円という請求を受けることになりかねない。

カテゴリー: 未分類 | コメントする